費用も安く簡単にできる「家族葬」 

実は、本年の春頃の時期に、義理のお母さんという96歳の方を亡くしまして、其の際に所謂、「家族葬」という形で葬儀を実施いたしました。 当初は小規模な家族葬ということで自宅で葬儀を行うことを考えたのですが、実は、家族葬と言っても96歳という高齢の身というのは家族も多くなり、孫はおろかひ孫までいて人数を数えると相当数になることがわかったのです。 其のために結局は葬儀会館で行ったのです。

一般には家族葬というのは普通の一般的な葬式に比べると、小規模なだけにその費用を安く抑えることができるし、又、家族葬だけにごく身近な親類や身内だけで行うために、告別式や特別な葬儀委員長等を決める必要もなく気楽に行うことが出来るのがいいですね。

昨今では世間的な風潮もあって、葬儀に関しては出来るだけ簡素に費用を抑えて行うというのが一般的で、特に一般の人は形の大きさや形式には余りとらわれず、身内だけで故人を見送ることができるというメリットもあるようです。 このような観点から現在では家族葬が普通に注目され、人気を集めているユエンかも知れませんね。